FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018-04-30

互換中殺

天中殺の解説シリーズをお届けしていましたが、
本日は解説を少しお休みして、実際に鑑定していて感じたことを書いてみたい思います。


天中殺には、自分の宿命自体に天中殺を持って生まれる人がいます。

生まれ年と生まれた日が天中殺になる人を

『互換中殺』

と言います。

※詳しくは後日また説明します。


親との関係があまり良くない人に、互換中殺の人がよく見受けられます。

いつも親の文句ばかり言い、親と仲が悪いというので、
家を出ることをお勧めするのですが、
なぜか家を出ず、大人になっても親と一緒に暮らしていたり、
家にいなければいけない理屈をこねたりして、親と一緒にいます。

親は親で子供が理解できず、
子供は子供で親のことを理解できず、
互いに理解ができないようです。


生年月日を聞いて、さらっと見てみると、互換中殺になっているのです。

いや~~~~~~、

多いです。


互換中殺以外の理由で、親と仲が良くない場合も勿論ありますけど、
最近は親との仲の悪さ度合いをさらっと聞いただけで、
「この人もしかして、互換中殺持ち?」とピンときてしまいます。

親と子の関係は、難しいです。
高齢者社会になっている今、親の介護をしなくてはいけない場合もあるでしょう。

ですが、親とあまりうまくいっていない場合、
自分の宿命をまず鑑定してもらい、理解し、
他の方法を考えていって欲しいと思います。

自分が自分らしく生きるために。。。。



先日、祇園にある建仁寺の牡丹が見ごろで満開でした!


(c) .foto project



GW真っ只中、みなさんはいかがお過ごしでしょうか?





もっと算命学を知りたいと思う方は、一緒に学習しましょう

通信講座はこちらの創喜塾へ

創喜塾


創喜塾算命学をベースにした
通学講座の方が良い方は、
こちらへ↓

京都 幸風算命学教室 基礎講座①


京都 幸風算命学教室 基礎講座②



↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 算命学・易学へ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
facebook
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。